インド料理

実は、日本人に尋ねられて一番返答に困るのは、「インド人って毎日カレーを食べているのですか?」という質問だったりします。
「はい」とも言えるし、「いいえ」とも言えるのです。
インド料理というと、まずカレーを思い浮かべる方が多いと思いますが、カレーという言葉は西インドで生まれたもので、ほとんどのインド人にはそれほど馴染みのないものなのです。
米を主食とするのもインドでも限られた一部だけです。
でも、何でもマサラ(スパイス)で味付けをするので、全てがカレーと言えば、そうとも言えます。

最近ではインド料理店は日本各地にあり、日本にいながら本場の味が味わえるようになりましたが、インドに来ると微妙に趣が異なります。
インドの料理法は多種多様です。それゆえ国を代表する料理というものではあません。料理法や素材は地域によって、あるいは、個々の家によっても違うのです。
まず、日本で食べるスープ状のカレーは意外と少ないのです。
それに加えて、インドはベジタリアンが多く、お肉を使わない野菜料理が多い事にも気づかされます。
北インドの代表料理を、おなじみのナン・ロティーと辛いカレーとするならば、南インドの代表料理には、ドーサが挙げられます。
ジャガイモをカレー味で蒸し煮にし、外側をクリスピーなクレープで包んであるマサラ・ドーサは、インド各地で人気です。
インドはとても広い国です。南北で民族も文化も違うのですから、料理が異なるのも当然なのです。

北インドの野菜料理
インドにも定食があります。
北インドではターリー、また南ではミールスと呼ばれます。まずはこの定食に挑戦してみてはいかがでしょう?
ご飯やローティ(ナンやチャパティやプーリー)と共に、野菜の煮込みカレーや豆のスープなどおかずも多彩。一度にたくさんの味を楽しめるのがいいですね。

右の写真は、北インドの野菜料理です。
辛く、甘く、酸っぱく、奥深い味は、あなたの味覚をしっかり刺激してくれるでしょう。
また、インドで使われる多くのスパイスの中でも辛いのはチリぐらい。チリ抜きにすれば本場のインド料理が堪能できるはず!


スパイス スパイス スパイス デリーのレストラン スパイス スパイス スパイス
高級ホテルには雰囲気抜群のインド料理店や西洋料理店があり、それ以外にも地元の人で賑わう安くて美味しいレストランもあります。
どうしてもインド料理は苦手だという人も、大丈夫! 都市部では、フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、メキシカン、中華、日本料理、チベット料理なども見かけます。
他国の料理の多くは高級ホテル内のレストランになりますが、最近では郊外のレストランでも味わうことが出来るようになりました。

ファストフードが恋しくしなったら、マクドナルド、ピザ・ハット、ドミノピザ、サブウェイなど、おなじみのお店がちゃーんとあります。
インドのマクドナルドは「ビーフは一切使用していません」が売りで、日本のビーフ100%とはえらい違いです。
どのお店にもベジタリアンメニューが用意されています。マックのベジ・バーガーは、コロッケが挟んであって、新鮮な味。インドのマクドナルドにも、ぜひ挑戦してみてください。
また、最近ではカフェが流行し、インド各地でかなりの店舗数を誇るバリスタは、オシャレな若者で賑わっています。都市部にはTGIフライデーなど若者向けバーもたくさんあります。

インド料理

高級ホテルのインド料理店では、先ずはマウリア・シェラトンの『ブカラ』が有名です。
メリディアンの『パクワン』はケバブが美味しい!
カシミール料理では、ロンドンにも店のある『ショール・ビザーレ』。
デリーティーズ(デリー人)なら誰でも知っているのが庶民派ムガール料理店『カリーム』。
南インド料理店『サガール』のRs.45の定食は、量、味ともバツグン!

エスニック
インドでもタイ料理やメキシカンは大人気。
インターコンチネンタルのタイ料理店『ブルーエレファント』はホテル最上階にあり、味はもちろん、眺めも素敵です。
高級感あふれるオベロイの『バーン・タイ』は、お座敷もあるので落ち着けます。ここのココナッツアイスは最高!
インペリアルの『スパイス・ルート』は、インテリアがインドネシアのアンティークで埋め尽くされ、まさに博物館。多国籍創作料理です。コース料理がオススメ。
メキシカンは『ロデオ』が面白い。店員はカウボーイスタイル。9時からはライブもあります。

西洋料理
フレンチでは、タージパレスの『オリエント・エクスプレス』。まるで駅に居るかのような素敵な雰囲気。
イタリアンならハイヤット・リージェンシ−の『ラ・ピアーザ』。ビュッフェもあり、オススメです。また、イタリア人が経営する『フレイバー』はお手ごろな価格なのにとても美味しいですよ。
魚介類が食べたくなったらインターコンチネンタルの『28グリル』に行ってみましょう。大きなロブスターが食べられます。そして何より、28階からの夜景は最高にロマンティック!

日本料理
和食が恋しくなったら、『たむら』がいいですね。値段もお手ごろで種類も豊富。白飯も美味しい!
グランド・ハイアットの『えのき』は、日本情緒のある素敵な焼鳥屋です。

中華料理
インド人は、実は中華好き。焼きそばや春巻などはどこでも食べられます。お味がインド風なのはご愛嬌。
マウリア・シェラトンの『バリ・ヒ』は、北京ダックも食べられるお店で、味も本格的!

B級グルメ
何度食べても飽きない、そんな隠れた名店は、チャナキャ・シネマ隣のチベット料理屋。
ここのモモ(餃子)はやみつきになるおいしさ! トゥクパ(チベットラーメン)も最高です。
もう一つは、お持帰り専門の店『ラコーサ』のカコリ・ケバブ。普通のケバブと違い、外はクリスプ、中はペースト。まるでフォアグラのような口当りで美味し〜いのです。