郵便・通信

郵便の配達状態は必ずしも良いとは言えません。でも旅行者としては、旅先から手紙を出したいものです。
日本までは、ポストカードが10ルピーで封書が15ルピー。約1週間ほどで届きます。
小包も船便または航空便で送れますが、重要な品をインドから日本へ送る場合は、コーリアと呼ばれる国際宅急便が安全。料金は割高になりますが、最速で日本まで3日、しかも荷物配達状況もわかります。
OCS、DHL、フェデックス、ブルーダートなどを取り扱う会社も都市部には多いです。
電話は、市内電話は3分で1ルピー。国際電話は、「ISD」と言う看板のある店でかけることが出来ます。その際、メーターがあることを確認しましょう。
インド国内は「STD」日本までだと、電話会社にもよりますが、1分25〜30ルピーが相場です。
日本に電話をかける場合は、0081 - (0を抜いた)市外局番 - 市内局番(例えば、03‐1234‐5678の番号ならば、0081‐3‐1234‐5678)となります。

インターネット事情はまずまず。
街にはインターネットカフェがあちこちにあり、バラナシ(聖地ベナレス)などの田舎に行っても、牛の寝そべる横でパソコンに向かいキーボードを打つなんて光景も見られるほどです。
旅行者が集まる場所には日本語がインストールしてあるので、とても便利。