荷造り

まず先に念を押しておきたいのは、「インドでは何でも手に入る」ということです。
基本的にインドの都市では、旅に必要なものは購入可能。だから、心配して日本から大きな荷物で来るよりも、現地で調達しよう、というくらいの気持ちで、軽い荷物で来る方が旅は楽しくなるでしょう。
Tシャツ、パンツはもちろん、インドの民俗衣装をオーダーメイドするのも楽しいです。生地も安く手に入ります。
日本の電気製品を使用する場合は、インドの電圧は220〜240V、50Hzのため変圧器を通さなくてはなりませんが、その変圧器もプラグもインドで購入可能。パソコンは一応そのまま使えますが、インドの電圧は安定していないため、スタビライザー(電圧安定器)を使用したほうが安心です。
コンタクトレンズやメガネもインドで作れます。メガネはブランド物フレームもあり、何と言ってもレンズが安いので、作りたい人にはオススメします。
使用通貨はルビー(Rs)パイサ(P)。紙幣は5、10、20、50、100、500、1000ルピー。コインは1、2、5パイサです。
またクレジットカードも、都市部ではレストラン・デパート等、多くの店で利用出来るので、1枚は持っておくと便利です。

とにかく、心は軽く、荷物も軽く!