エローラ

エローラ オーランガバッドの北西28kmにある岩山をくり抜いたエローラ石窟寺院群は、アジャンタと並んで、インドが世界に誇る最上の宗教芸術ギャラリーだ。
寺院群は、仏教、ヒンズー教、ジャイナ教の3つの宗教グループに分かれる。
南から北へ、全部で34窟あるうちで、最南端の第1窟から第12窟までが仏教寺院、第13〜29までがヒンズー教寺院、そして、やや北方へ離れたところにある30窟〜第34窟までがジャイナ教である。第1窟から第34窟まで約2kmもの距離がある。

宗教グループによってまったく異なる景観を見せており、それぞれのコントラストを成している

エローラ これらの寺院群の中でもっとも重要視されているのは、第5・10・15・16・21・29・32の各石窟寺院である。

第10窟仏教窟院には建築工芸の神が宿っている。
この窟院はチャイトゥヤといい、仏教窟院中、唯一の拝礼の間である。高いアーチ形の天井の下に高さ8メートルのストゥ−パ(仏塔)があり、その前にブッダが腰掛けている。これらを巨大な岩板から彫り抜いて造ったかと思うと、信仰心の迫力に気押される思いがする。
仏教とは関係ないが、この第10窟は建築、工芸の神殿として今日でも職人の信仰を得ている。 エローラ仏教窟院群の中でも最も重要なのがティーン・タールの名で知られている第12窟である。
3層構造の僧院で、5世紀から7世紀にかけて造られた仏教窟院の、最も早い時期の傑作である。
この僧院は2層目の広間が一番大きくて、35メートル×21.35メートル、高さ3.65メートルのサイズである。
各階の広間にはブッダの様々な座像瞑想像がある。

エローラ ヒンズー教僧院に来ると、急に雰囲気が変わる。そのあまりにもデコラティブな構築、豊満、官能美に溢れた彫像、陽気さ、賑やかさ、表現の華やかさは、思惟的な仏教窟院と大きく異なる。
ビンズー教石窟寺院群は8〜9世紀に造られたもので、第16窟カイラーサ寺院は、756年にラシュトラクート朝の王のクシュリ11世によって着工され、100年余りの歳月をかけて完成した。カイラーサとは、シヴァ神の住むヒマラヤ山系カイラーサ山のことである。
ここはエローラ窟院群の中でも最大の見どころだ。
この寺院は、岩塊を真上から手作業で彫りこんで造ったといわれている。構内はかなりのスケールと広さで、彫り下げられた構内のサイズは、深さ31.2メートル×46.92メートル。シヴァ神を祀った本殿を中心に、回廊や塔、そしてそれらの壁面に数知れない奔放な姿態の彫像が刻まれており、驚嘆させられる。
前庭に等身大の2頭の石像と2つの塔、3つの建物があり、本殿の高さは76.2メートルもある。この本殿には靴を脱いで入ることができる。内部にはリンガが安置してある。

エローラ 第30〜34石窟群は、9世紀から11世紀にかけて彫られたジャイナ教寺院である。
インディア・サブハの名で知られる第32窟院は、神々の王インドラの集会場である。
ここは、ジャイナ教開祖であり、24聖人の最後の1人マハビーラ(大勇士、紀元前549〜477年頃)の像が置かれている。
入り口には9メートルの高さの石の象、階上には装飾彫刻のある柱に囲まれた広間がある。美術的に価値の高い窟院である。