サンチー

サンチー
サンチーは静かな丘陵地帯で、紀元前3年から西暦12年の間に建てられた仏塔や僧院、寺院、石柱などの遺跡群が残る場所だ。
古の仏教修道地で、また巡礼地でもあったサンチーの繁栄は、今なお、たくさんの仏教の伝説を表現した、優美な彫彫刻の複雑な構造に垣間見ることができる。

サンチーでは初期仏教時代の伝統にならって、ブッダは人間の姿ではなくシンボルによって表現されている。
蓮はブッダの降誕を、聖樹は悟りを、法輪は初めての説法を、そして仏塔は涅槃それぞれ表している。また、仏足跡や聖壇はブッダの存在した印とされている。

サンチーは13世紀以降、1818年にイギリスのテイラー将軍によって再発見されるまで、事実上忘れ去られた地なってた。
発見当時は半分埋もれていたが保存状態はよく、その後、1912年にイギリス考古学研究所長だったジョン・マーシャル卿によって復元作業が行われた。

サンチーの主な重要遺跡 像
直経36.5メートル、高さ16.4メートルの大ストーゥパ第1塔は、インドでも最も古い石造りの建造物のひとつである。巨大な半球体のドームとともに、ストゥーパが堂々とそびえ立っている。
周囲の小道は長年渡る巡礼者の巡回によって舗装されましたものだ。

もともとアショカ王によって建てられた土製のストゥーパは、紀元前3世紀と2世紀の二度、改築されている。
この壮大なストゥーパの最後の増築作業で追加されたのが、精巧で豪華な彫刻が施された四方の門(トラナ)である。
最初に建てられたのは南口の門で、その後年代順に北、東、西の門がそれぞれに建てられた。
南門に施されたダイナミックで手の込んだ一連の彫刻は、ブッタの降誕を描写している。
象
北門の頂点には法輪が施され、ジャータカ物語に記された、ブッダにまつわる奇跡的な出来事を表している。
東門には、世欲的な生活を捨てて悟りを求めて父の宮廷をあとにする、若いゴータマ王子が描かれている。
右側の柱の内面には、ブッダの母であるマヤ夫人がブッダを受胎したときに見た夢が描かれている。
レリーフ 西門には、4つの聖樹と3つのストゥーパによって、ブッダがサルナートの鹿野園で初めて説法を行う様子や、チャッダーンタ・ジャータカ物語とともに描かれている。
紀元前2世紀に建てられたストゥーパの第2塔は丘の一番端に建っている。最も顕著な特徴は周りを囲む石造りの欄干だ。
ストゥーパ第3塔の最奥の部屋からは、ブッダの有名な弟子であった目蓮の遺物が発見された。

半球体ドームの上には、このストゥーパの持つ宗教的な特別重要な意味を示して、磨き上げられた石造天蓋が被せられている。 門がひとつしかないこのストゥーパは、紀元前150〜140年前に建てられた。
紀元前3世紀前に、4頭のライオンの彫刻を施されて建てられたアショカ王の石柱は、大ストゥーパの南門近くにある。
サルナートの複雑に彫り刻まれた石柱に似ているが、こちらのライオンは法輪を坦いたデザインではない。
この石柱国有の特徴は、そのつややかな光沢である。

今は廃墟となっているグプタ寺(4世紀)は、知られている限りで最も古いインド寺院建築様式の一つだ。
前面に柱で支えられた玄関のある、平屋根の1層房で構成されています。
大ストゥーパの南門前にある第18寺院(聖堂)は7世紀のもので、比較的新しい。マハラーシュートラのカルラ石窟寺院の礼拝所に似ている。

7〜11世紀に建てられた僧院と第45寺院は、さらに発達した建築様式を見せている。
装飾的な戸口には、楕円形に後光の差したブッダの肖像が施されている。
一塊の石をうがって作られた大鉢は、かつてサンチーの修道僧へ食べ物を配るのに使われたものだ。