玄奘三蔵の留学した大学
ナーランダ

ナーランダ
元来この地方は美しいマンゴー樹林帯で、その中央に池があった。池にはナーランダ(蓮のある場所)と呼ばれる龍が棲息して水と雨を支配するという伝説があり、それでナーランダ村といわれていた。
世界で古い大学の代表の一つに挙げられるナーランダ大学は、紀元前5世紀に創設された12世紀にわたり仏教教学の最高学府として栄え、アフガニスタン人に破壊されるまで仏教学の中心地であった。
7世紀前半には、玄奘三蔵留学の地として「大唐西域記」や、それに擬して書かれた16世紀明朝の呉承恩作の「西遊記」によって有名である。
その広大な遺跡はラージギールから北西16kmにある。

ナーランダ
ブッダの十大弟子で知恵第一といわれたシャーリプトラ(舎利弗)と、神通第一といわれたモッガラーナ(目連)がこの地方の出身である。 この二人はともにバラモン階級の家に生まれ、当時有名な懐疑論師サンジャイヤの下で出家し、日の神アグニーの行法を修し、それぞれ百有余名の弟子がいるほどに名声があった。
ある日シャーリプトラは、遊行中のブッダの弟子アッサジの沈着な態度に感心して声をかけた。それをきっかけにブッダの存在を知り、モッガラーナとともに竹林精舎を訪ねた。
2人はそこで、因と縁の血統と環境の関連的重要性を拝聴し、飜然と悟って師弟250人を率いてブッダの弟子となったという。

豊かな森と水に恵まれ、禅定三昧の場としても自然の環境がすばらしかったので、500人の商人たちがアームラ長者の私有地を購入し、ブッダにに寄進したと伝えられている。
こうして精舎が建立され、ブッダも雨安居の3ヶ月間滞留して説法された。

僧院跡地
紀元前後から仏教学研の中心地として発展し、またマガダ国の歴代君主もこの地を厚く保護したのでいつしか学者たちが参集するようになり、さらに5世紀になって、グプタ王朝のシャークラ・ディテヤ王が増築拡張したので、総合大学としての学風を示すに至った。最盛期には学生1万余人、学匠2千人に達した。
なお、シャークラ・ディティア王はグプタ王朝第四代のクーマラ・グプタ一世であることが、近年ナーランダ出土のテコラコッタの印章の刻文によって明確となり、玄奘の記録が実証されたのである。
玄奘が学んだ7世紀当時も、インドでは比肩するもののない権威ある大学で、大乗仏教を中心に数千人が学ぶ場所であった。大乗仏教のほかに諸派の仏教教義も研究され、バラモン経典であるヴェーダ、ウパニシャッドをはじめ、因明(論理)、声明(音楽)、医方明(医学)工、冶金、数、書画、呪術などの権威者が集まり、毎日百余ヶ所に講座が開かれ、仏典の深い意を論ずるのでなければ誰も相手にしないほど好学の気風がみなぎり、真に学問の府であったと述べられている。
その当時の学長が、唯識学派の正法蔵と敬称されるシーラバドラ(戒賢)であり、玄奘はこの学匠のもとで631年より36年まで、すなわち29歳から34歳までの5年間、ヨーガ論を始めてインド哲学の中論、百論、純正理論の他、古代より伝わったサンスクリットの書をことごとく学び、そして後のには学長代理まで勤めたのである。
この玄奘の求道の熱意に触発されて、7世紀後半には玄奘が長安の都に帰ってから26年目に、義浄三蔵も難解航路を経て留学している。
このナーランダ大学も、12世紀終わりに、ガール王朝の部将であったアフガニスタンのモハモット・イブン・バクティヤール・ハルジーの率いるイスラム軍団がビハール地方を攻略した際の焼きうちに遭い、経典・書籍類はは6ヶ月余りにわたって延焼した。その間仏教徒たちはネパールやチベットの山岳地帯にからくも持ち出した経典類を運び、また一方では消化のために土を覆って逃げたので、以後7百年間埋没したままであった。

1916年から発掘調査が開始されたが、堂塔伽藍並び各学部舎の遺跡は東西250メートル、南北610メートルの広い地域で、発掘は今日も継続されており、発掘が終わるまで一世紀を要するとさえ言われている。