第一の聖地
ルンビニ

仏教の開祖であるブッダ(紀元前563〜483年頃)は国境のネパール側であるルンビニで生まれた。
2500年前のこと、カピラバストゥを都にするシャーキャー(釈迦)の王シュッドーダナは王子の誕生を待ち望んでいた。
そんなある夜、王妃マヤ夫人は白い象が右脇から体内に入る夢を見た。そして懐妊。
マヤ夫人は出産のため実家へ急ぐ途中、ルンビニの園で休息することにした。ルンビニの園はアショーカの花が咲きにおい、金色の日光が降り注ぐ美しい場所だった。
そこでマヤ夫人がサーラ樹の枝に手をかけたときに出産。
天地は歓喜の声とあげて祝った。仏伝では、この赤ん坊は生まれてすぐ歩いて天地を指さし、天上天下唯我独尊と言ったとされている。
王子はシッダールタ(目的を成就したの意)と名づけられた。

1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に「仏陀の生誕地ルンビニ」として登録。

プスカリニ池 プスカリニ池
マーヤー夫人が出産の前に沐浴し、釈尊の沐浴にも使われたといわれる池(現在の池の堤は1939年に造られたもの)。
池のほとりには大きな菩提樹がある。

アショーカ王の石柱 アショーカ王が巡礼したときに建立された石柱は、1896年にドイツ人の考古学者フューラーによって発見された。
紀元前249年にマウリヤ王朝のアショーカ王がこの地を訪れたときには、ルンビニは大きな村だったといわれている。
ここで見つかったアショーカの石柱には、神々に愛でられしアショーカ王が即位20年の年にこの地を訪れ石柱を立てた旨と、ブッダの生誕地であるこの村は減税され、通常の8分の1の納税で許される旨が刻まれている。
当時は4本の石柱が立てられ、その柱頭には馬像があったと言われているが、その馬像は見つかっていない。
玄奘三蔵もこの地を訪れており、この柱に雷が落ち3つに折れたと記録している。